Chinese  English  Korean  Japanese  
現在地: | ホームページ > 観光動態
中国の11都市が新たに台湾個人旅行解禁

  海口、呼和浩特(フフホト)、蘭州、銀川、常州、舟山、恵州、威海、竜岩、桂林、徐州の11都市の住民は15日から、台湾への個人観光旅行が認められることになった。これらの都市は、同政策の第5期試行都市。これで、台湾への個人旅行が可能な中国大陸部の都市は計47都市となった。これら都市に含まれていないのは西蔵(チベット)自治区、新疆維吾爾(ウイグル)自治区、青海省の首府や省都のみ。中国新聞網が報じた。

  2011年6月28日、中国大陸部の住民の台湾個人旅行が解禁。第1陣として、北京市、上海市、福建省厦門(アモイ)市の住民が対象となった。同年7月29日には、福建省住民の台湾の金門、馬祖、澎湖地区への個人旅行も解禁された。

  2012年、第2期試行都市として計10都市が選ばれ、4月には、成都、天津、重慶、南京、杭州、広州の住民、年末には済南、西安、福州、深センの住民の台湾への個人旅行が解禁となった。

  2013年、第3期試行都市として、瀋陽、鄭州、武漢、蘇州、寧波、青島、石家荘、長春、合肥、長沙、南寧、昆明、泉州の13都市が選ばれ、それぞれの住民の台湾への個人旅行が解禁となった。

  2014年、第4期試行都市として10都市が選ばれ、8月18日に哈爾濱(ハルビン)、太原、南昌、貴陽、大連、無錫、温州、中山、煙台、?州の住民の台湾への個人旅行が解禁となった。

  現在、西蔵自治区、新疆維吾爾自治区、青海省を除く、全ての省や直轄市、自治区の首府や省都の住民が、台湾を訪問し個人旅行することがきる。

  台湾の中国大陸部からの観光客のうち15-34歳が52.17%

  2015年2月末の時点で、個人旅行で台湾を訪問した中国大陸部の住民の数は延べ218万6400人。うち、14年は、前年比125.8%増の117万9000人を記録し、同年だけで全体の37%を占めるなど、同政策は軌道に乗っている。

  台湾紙「旺報」は、中国大陸部の中国旅行社協会の鐘暉・理事が3月に明らかにした統計として、14年、台湾を訪問した中国大陸部からの観光客のうち、25-34歳の観光客が32.41%、15-24歳の観光客が19.76%と伝えた。つまり、同2グループだけで、全体の50%以上を占めていることになる。

  これまで、中国大陸部からの観光客には、台湾最大の湖・日月潭や阿里山などの観光スポットが人気だったのに対し、自由旅行で台湾を訪問する若者の旅行の仕方は多元化し、台湾の美しさや文化をじっくり楽しむようになっている。

  また、美食も人気の一つ。台湾の「東森旅游雲」の報道によると、第18回海峡両岸旅行業聯誼会が3月に、中国大陸部からの観光客に最も人気の台湾の美食を発表。トップは73%の台湾料理で、以下、麺料理の担仔麺、牛肉麺、姜母鴨(鴨の鍋料理)などが続いた。香港からの観光客に最も人気だったのは、小龍包(ショーロンポー)と牛肉麺だった。

  夜市の屋台料理では、中国大陸部と香港からの観光客のうち7割以上が「?仔煎(カキ入りオムレツ)」を好み、最も人気だった。一方、台湾人おススメの屋台料理は、?仔煎、タピオカティー、臭豆腐だ。(編集KN)

日差しいっぱいの海口  娯楽を楽しむ都  品位のある町
版権所有:海口市旅遊発展委員会  電話番号:86-898-68723570  E-mail:slfwbgs@haikou.gov.cn
実行機関:海口市旅遊発展委員会